SEO対策でビジネスを成功に導く

How to SEO

売り上げ・アクセスアップ seo対策する場合、まずはターゲットが入力するであろうキーワードを
考えなければなりません。


他との競争率が低く、長い間そのキーワードだけでターゲットを
独占できる状態が理想的なseo対策になります。
理想的


このとき、ロングテールキーワードであれば、放置していても集客することができるサイトが完成します。


つまり、seo対策だからと、その時々のビッグキーワードを組み込むのではなく
長く使用され続けるキーワードであることが良い、ということになります。


もちろん、ターゲットが入力するであることが条件になるので、適当に決定しないよう注意しなければなりません。


他に、そのキーワードをしつこく使うのではなく、更新する際、2〜3個を全体に組み込むと良いでしょう。
しつこい場合、seo対策にならず、逆に評価が下がってしまう恐れがあります。評価が下がる


競争率が低い場合は、これだけで十分大きな効果を得ることができます。
何より、競合が使用していない、その上、ターゲットがよく使う言葉なので、集客効果が十分でしょう。


ロングテールキーワードを選ぶ方法としてオススメなのが、検索口に言葉を入力し、
そこで予測される言葉を参考にすると良いでしょう。


その言葉で検索し、どういったサイトが上位に表示されるのかをチェックし、
そこで差別化できそうだと判断できれば、それを使用すると効果的です。


逆に、競合が上位を独占している場合は、競争率が高いことを示すので、避けるようにしましょう。